現在のファイル転送方法 | 壊れたデータを元に戻す|データ復旧は業者へ依頼
HDD

現在のファイル転送方法

パソコン

数年前、大容量のデータが入ったファイルは転送できないことがほとんどでした。電子メールで送れる容量はある程度の制限があり、それ以上の容量のファイルを転送する場合は、直接相手にファイルが入ったディスクなどを郵送していました。この方法は、メールよりも遥かに遅く、万が一事故が起きた場合はもう一度郵送し直さなくてはならないなどリスクが有りましたが、この方法くらいしか方法がありませんでした。しかし、現在はネットも発達し、ファイル転送サービスを活用すればギガバイトを超えるデータでもファイル転送サービスで問題なくファイルを送ることができるようになりました。
ファイル転送サービスは、別名オンラインストレージサービスともいいます。これは、別のサーバーにファイルを送り、それを共有することでファイル転送を可能にしたというものです。つまり、自分と相手の間に中継点を作り、そこにファイルをアップロードし、相手側が受けおうということです。オンラインストレージを使うメリットは、連絡の高速化です。ファイル転送とは、つまりファイルの共有です。そのため、お互いでファイルのやり取りを行うことで修正や相談といったことを遥かに離れた距離でも行うことができます。よって、わざわざ相手のオフィスに行かなくてもメールや電話のやり取りでファイルのブラッシュアップができるため、どこにいてもファイル共有しているパソコンが有ればより効率的な作業ができます。